ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

店舗の売場面積を縮小できるサイネージ

こんにちは。

ヤマトサイネージ広報部です。


デジタルサイネージの用途といえば
広告宣伝、ブランディング
情報共有などが一般的でした。


今回はサイネージを使うことで
店舗面積を縮小することができる
可能性についてお伝えします。


洋服の青山といえば
スーツ販売の大手企業です。


スーツはカジュアルウェアと違って
体系によってサイズが分かれています。


同じ商品でもY、A、AB、BB、Eと形があり
さらに2~9号と身長に合わせたサイズがあります。
もっと言うと色の違いもありますよね。

 

f:id:shinjit413:20220118134414j:plain





つまり、1つのアイテムごとに数十着を
用意する必要があります。


だからどうしても店舗面積を
広くしなくてはなりませんでした。


しかし、店舗にタッチパネルサイネージを
設置してEC化すれば


例えば、「A体の4号のグレー」というように
1種類だけ展示しておけば


販売員の接客を受けながら
好みのブランドのコーナーで
実際の商品を試着すれば


着心地やサイズ感を確認できます。


あとはサイネージで自分に合うサイズや
柄の商品を注文するという流れを
作ることができます。


そうすれば、店舗に在庫を抱える
必要がなくなります。


そして今までより省スペースで
店舗を出せるということになります。


このようなサイネージの使い方が
できるのはスーツという商品の特性もありますが


他の小売りビジネスにも
応用できるヒントとなるかもしれません。


弊社はサイネージの様々な使い方に
精通しています。


「こんな使い方できる?」という
お問い合わせも大歓迎です。


お気軽にお問い合わせください。


ヤマトサイネージへのお問い合わせはこちら
https://yamato-signage.com/contact/


利用事例をYouTubeでご覧いただけます
デジタルサイネージ利用事例集】
ヤマトサイネージYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCvgESG9IZThceb14IpBhr1g

【メルマガのバックナンバーはこちら】

https://digitalsignage.hatenadiary.com/