ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

人件費を削減しつつ売上を上げられるか?

こんにちは。

ヤマトサイネージ広報部です。

 

f:id:shinjit413:20220118134151p:plain


これからのビジネスは
AIといかに共存するか
AIをいかに利用するか


これによって収益が
大きく変わってくる、というのは
多くの人が感じていることでしょう。


無人コンビニ、AmazonGOが2016年に
スタートしてから5年。


日本にも日本版AmazonGOといえる
スマート店舗が増えてきています。


スーパーセンタートライアルを運営する
トライアルカンパニー
メガセンタートライアル旭川店に


自社開発の「スマートショッピングカート」を約200台
「リテールAIカメラ」を約100台
デジタルサイネージ」を約150台運用。


「レジ待ちなし」「顧客と商品のマッチング」など
リアル店舗価値を高める施策を行っています。


リアル店舗での買物は約8割が「非計画購買」と
言われています。


つまり、買うつもりはなかったけど
店舗で手に取って買ってしまうのが8割。


となると、店舗内での情報発信によって
買い上げ点数、客単価を増やせる
可能性があるということです。


メガセンタートライアル旭川店では
デジタルサイネージ約150台を


全ての機体に同一の動画・静止画を表示させたり
惣菜売場で作りたて・揚げたて商品の品出しを知らせる
「出来たて動画」などに利用しているようです。


AIカメラでレジを無人化できれば
人件費を削減しつつ売上を上げられるという
理想的な状況になるかもしれませんね。


売店舗様からデジタルサイネージ
ご相談をお受けでしたら
ぜひヤマトサイネージを思い出してください。


ヤマトサイネージへのお問い合わせはこちら

yamato-signage.com


利用事例をYouTubeでご覧いただけます
デジタルサイネージ利用事例集】
ヤマトサイネージYouTubeチャンネル

ヤマトサイネージ - YouTube

【メルマガのバックナンバーはこちら】

https://digitalsignage.hatenadiary.com/