ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

マルチサイネージ設置の注意点

こんにちは。

ヤマトサイネージ広報部です。


弊社には大型のマルチサイネージを
設置したいというご相談が多いです。


最近ではこちら。

f:id:shinjit413:20211108153148j:plain




UHA味覚糖様の本社に
設置させたいただいた36面マルチ。


ここまで巨大なのは珍しいですが
55インチ×4面で110インチ相当の
マルチサイネージの設置は
当たり前のようになってきました。


今回は55インチのサイネージを
縦にして横に4つ並べるパターン。

f:id:shinjit413:20211108152935p:plain




画面比率(アスペクト比)は
約9:4となります。


私たちは16:9というアスペクト比に慣れています。


最近のテレビ画面が16:9だからです。


だから一般的にはアスペクト比
16:9のままになるように


縦2面×横2面にすることが多いです。

 

しかし今回はアスペクト比が9:4という
イレギュラーなパターンです。


これのメリットは”違和感”を持つこと。


画面といえば16:9に
慣れているために


それ以外のサイズの画面に出会うと
潜在意識の中で「ん?」となるわけです。


つまり、目立つ、意識に残りやすい。


こんなメリットがあると思います。


しかし一方でデメリットもあります。


それはコンテンツの管理が面倒。


この画像、クラゲのつもりですが(汗)

f:id:shinjit413:20211108153228p:plain




クラゲが横長になっているのが
おわかりでしょうか。


つまり、コンテンツが横に伸びてしまうのです。


だからアスペクト比に合った
コンテンツに作り替えなければなりません。


これがひと手間かかります。


コンテンツ制作に通常よりも
若干コストがかかるのが注意点です。


このデメリットが気にならなければ
このような配置はインパクトがあって
良いと思います。


弊社にはマルチサイネージの
設置事例が数多くあり


ノウハウもたっぷり蓄積しています。


マルチサイネージのことなら
ヤマトサイネージにお任せください。