ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

大型LEDビジョンを設置するときの注意点

こんにちは。

ヤマトサイネージ広報部です。


道頓堀の商業ビルに
W3840 H1600の4ミリピッチLEDを
設置しました。

https://yamato-signage.com/column/yws/wp-content/uploads/2021/03/1.jpg


ビル内店舗の紹介や
広告配信にも使えます。


最近、広告収入目的での
LEDビジョン設置のお問い合わせが
増えてきています。


LEDビジョンは幅と高さだけでなく
ピッチサイズを考えることが大切です。


ピッチサイズとはLED素子の距離のこと。


https://yamato-signage.com/column/yws/wp-content/uploads/2021/03/2.jpg



ピッチサイズが小さいほど
画質は綺麗になりますが
価格が上がります。


ピッチサイズが半分になれば
LEDの使用個数は4倍になり


価格は2~3倍になるというのが
目安になるでしょうか。


最適なピッチサイズを考えるときには
どれくらい離れたら見やすいか


という、適正視認距離を目安にします。


その目安とは


ピクセルピッチ×1.16m という計算式です。


例えばピクセルピッチが4㎜なら
約4.6m離れたら見やすいということです。


今回の事例では
ビルの2階あたりに設置しています。


ビルの入り口から少し離れて
見上げてもらっても
かなり綺麗に見えます。


車を対象にしたビジョンなら
もう少し遠くから見ますので


ピッチが大きくても問題ないですが
今回のように歩行者対象の場合は


ピッチは小さいほうが良いでしょう。


このように屋外にLEDビジョンを
設置する場合はビジョンサイズだけでなく


ピッチサイズも適正にする必要があります。


このあたりまできちんと
提案してくれる業者さんに依頼してくださいね。


お問い合わせはこちら
yamato-signage.com