ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

デジタルサイネージで子供集客イベント

こんにちは。
ヤマトサイネージ広報部です。


デジタルサイネージで病院ごっこ
今日はそんな事例を紹介します。


デジタルサイネージは使い方によって
まだまだ大きな可能性を秘めています。


岡山県の施設で開催された
子供向けのイベントです。

画像1


55インチ屋内用サイネージを
1日レンタルいただきました。


価格はスタンド込みで3万円(税別)

CTスキャンした画像を診断したり
クイズに挑戦したり大盛況でした。


今回の事例は一種の職業体験です。
弊社には月間で100件以上の
お問い合わせをいただきますが
このような利用方法は珍しいです。


何らかのイベントでサイネージを
短期レンタルされることは多いですが
多くはアイキャッチ的に使われたり
商品紹介・会社案内などの目的で
使われることが多いです。



今後デジタルサイネージの普及を
進めていきたい私たちとしては
面白い事例だなと思っています。


いわゆるエデュテイメントです。
エデュケーション(教育)とエンターテイメントの合成語です。


これで大成功しているのが
東京と兵庫にあるキッザニア

 

3歳~15歳の子供を対象にした職業体験型施設です。



消防士、看護師、銀行、パン屋
薬剤師、警察官、裁判官、自動車工場
などなど、100種類近い職業体験ができる施設です。



夏休みや週末に行くと
ごった返しています。


子供はもう夢中です。
なぜここまで夢中になれるのか?


それは大きく3つあるかなと思いました。


①1人前に扱われること

②消費ではなく価値生産できること

③経済の仕組みがわかること


この中でも最も大きな理由は
②消費ではなく価値生産できることかなと思います。


子供の日常生活はほとんど消費です。
遊園地に行っても、買い物に行っても
エンターテイメントや商品を消費するだけです。



しかし、キッザニアでは
それぞれの職業が持つ価値を
体験することができます。



無意識に自己肯定感を得られます。
キッザニアなんてただの遊園地でしょ?


と思っていましたが


この仕組みの完成度の高さには驚きます。
今の時代、人手不足が深刻な業界は多いですよね。



でも、子供のころから、その職業が持つ
価値を体験させる機会を作れば将来その仕事をやりたい!



と思う子供も増えるんじゃないかな
なんて思ったりしました。


キッザニアほど本格的な施設を
作るには莫大な投資が必要ですが
デジタルサイネージを使った
エデュテイメントイベントなら
簡単にできそうです。


それに、子供をターゲットにした
イベントには必ず親がついてきます。

 

「集客」という面を考えても
エデュテイメントイベントは価値ありではないでしょうか。


デジタルサイネージは使い方によって
まだまだ可能性を秘めているなと感じた事例でした。