ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

アフターコロナのサイネージビジネスを想像してみました

こんにちは。

ついに緊急事態宣言が出ましたね。
早く収束することを祈るばかりです。


今回はアフターコロナの世界で
サイネージがお役に立てそうな
ビジネスを考えてみました。


野外映画イベントを通して
地方の活性化を行ってきた
「Outdoor Theater Japan」が
ドライブインシアターを復活させました。


車に乗ったまま巨大スクリーンで
映画鑑賞ができるサービスです。


駐車場に巨大スクリーンを設置し、
観客は車の中でカーステレオの
FM受信機を使って音声を楽しむシステム。


1990年代にまだ車でデートが
当たり前だった時代に人気でした。


しかしその後シネコンの普及と
若者の車離れにより失速。


それが今回のコロナ騒動で
再び注目されています。


人との接触は最小限に大切な人との
時間を共有できるのは魅力ですね。


オンラインサロンも盛り上がっていますが
時間だけでなく空間も共有したいという
ニーズは大きいと思います。


映画だけでなく、音楽コンサートなど
鑑賞系のエンタメであれば
ドライブインで体験するというのは
アフターコロナの世界なら
すんなりと受け入れられそうです。


ワクチンが開発されて臨床試験
終わるまでは時間がかかりますし
ワクチンが開発されても
アフターコロナとなるとは限らず


もしかするとWithコロナの世界で
生きていかなくてはならないかもしれません。


それでも人間にはエンタメを通した
人とのつながりは不可欠だと思います。


巨大サイネージ(LEDビジョン)を
使ったビジネスを検討される方が
いらっしゃいましたら
ぜひヤマトサイネージを思い出してください。



ヤマトサイネージ公式サイト