ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

鏡面サイネージの可能性を考えてみました

こんにちは。
ヤマトサイネージ広報部です。

 

関西では緊急事態宣言が解除されて
最初の週末を迎えましたが
大阪、京都、兵庫の主要都市の
人出はまばらのようでした。

 

インバウンド需要がしばらくは
期待できそうにないので
元に戻るにはかなりの時間がかかりそうですね。



さて、今回は鏡面サイネージの
可能性について考えてみました。



デジタルサイネージ最先端の街
中国深センの情報はよくチェックしているのですが

 

深センではトイレの鏡面に
サイネージが使われています。

 

これは弊社が撮影した動画ではありませんが
YouTubeで見つけた20秒ほどの動画です。

 

デパート・飲食店など店舗ビジネスを
やっている方々もなんとか経営を
立て直していかなくてはなりません。

 

トイレの鏡面ならコロナ対応の
啓発映像を流しながらも
衛生関連商品の広告動画なら
なんとなく見てしまいそうな気がします。

 

そして鏡といえば美容室。

 

 

少なくとも1時間程度は鏡の前に
座っているわけですから

 

ヘアケア商品、メイク関連商品の
紹介映像を流していれば物販売上に貢献したりしないかなと。

 

利幅の少ない商品であれば
投資回収まで時間がかかるのがネックではありますが

 

店舗ビジネスの売上拡大に
サイネージがお役に立てないかと
最近いろいろ考えています。

 

「こんな使い方できないの?」という
ご要望がありましたらぜひお聞かせください!

 

 

ヤマトサイネージ公式サイト