ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

大学でのデジタルサイネージ活用法

こんにちは。

ヤマトサイネージ広報部です。

 

 

ちょっと前に、大阪工業大学様に
巨大なデジタルサイネージを導入いただきました。

 

情報共有ツールとしてのデジタルサイネージ
オフィス利用だけではありません。

大学からの問い合わせも増えています。

 

今回は大学にデジタルサイネージを導入するときに
学生がどんな情報を期待しているかについてお届けします。



クライアントに大学関係者様が
いらっしゃる方はぜひ参考にしてください。



大学のエントランスホールに
165インチの巨大サイネージです。

画像1


かなりのインパクトですね。

 

 

ただ、大学にサイネージを設置して
どんな使い方ができるんだろう?

 

と思う方もいらっしゃるでしょう。

 

そこで、名古屋大学の大学院生が
学内サイネージについて研究した内容をご紹介します。

 

名古屋大学の学生にアンケートを行なった結果から
興味深い内容を抜粋します。

 

画像2

画像3

(出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssd/60/0/60_185/_pdf/-char/ja

 


8年前の結果なので今では学生が学内サイネージに
触れる頻度は大きく上がっていると思います。

 

気象情報に関する学生のニーズが
あるというのは驚きですが

 

●部活・サークルの広報
●研究室の紹介

 

このあたりはオーソドックスな使い方です。

 

これ以外にも例えば、卒業制作の優秀作品発表などに
使うと、学生の関心も高まりそうです。

 

 

クライアントに大学関係者がいらっしゃる方で
サイネージを提案しようというときは
ぜひヤマトサイネージにお声がけください!

 

 

ヤマトサイネージ公式サイト