ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

デジタルサイネージはこんな使われ方が多い

こんにちは。
ヤマトサイネージ広報部です。

 

このメルマガはデジタルサイネージを使って、

 

◆業績アップ!
◆業務効率化!

 

を実現するためのヒントをお届けするメルマガです。

 

デジタルサイネージの最新情報、利用事例、価格事例など
会社の業績アップに、クライアント企業様への
ご提案にお役に立てる情報をお伝えします。



お仕事の合間に、
軽い気持ちでお読みください。

 

 

 

デジタルサイネージはどんな使われ方が多い?

ここ半年間で弊社にご依頼いただいた
案件が約400件あります。

そのうちの半数は工事現場でのご利用。
朝礼看板として使われています。


残りの半分のご依頼について
どのような使われ方をしているのかまとめました。


まず、利用シーンについて。

////////////////////////////
屋内イベント・・・37%
屋外イベント・・・4%
屋外施設・・・10%
屋内施設・・・10%
店内・・・15%
店外・・・13%
オフィス・・・6%
メディア・・・5%
////////////////////////////


※屋内施設とは、
パーキングエリア・公園・大学屋外など


※屋内施設とは
ホテル・大学内・ゴルフ場クラブハウス内など


※メディアとは
テレビ番組
インターネット番組での解説用ボード的な利用
ドラマのセットとしての利用など。これは特殊な利用事例ですね。



次に利用目的について。

////////////////////////////
広告(ブランディング・商品認知)・・・34%
空間演出(エンターテイメント・アイキャッチ・ウェルカムボード)・・・22%
情報提供・・・20%
集客・販促(店内誘導・購買単価アップ)・・・13%
情報共有・・・2%
その他・・・1%
////////////////////////////


意外だったのは、店頭に設置して集客目的での利用が少なかったこと。

 

 

売店舗や飲食店では
まだまだ従来型の看板利用が多いようです。


しかし逆にいうと、今後集客・販促目的での
サイネージ利用が増えてくるのではないかと考えられます。