ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

LEDビジョン提案

こんにちは。
ヤマトサイネージ広報部です。

店舗ビジネスをされていれば
ほぼ100%必要になるのが看板。

 

この看板照明をLEDに変更する店舗が増えています。

 

夜間も営業する店舗であれば看板を照らす照明をつけています。

 

蛍光灯は、蛍光管という管が電気を流すことによって発光します。
日本に広く普及していて低価格で導入できるのがメリット。


しかしLEDも普及してきて導入コストがかなり下がってきました。

さらに、電気代のあまりの違いが一気にLEDを普及させることになります。


特に看板照明は長時間点灯しておくのでランニングコストがかかります。


蛍光灯とLEDでどれくらい電気代が変わってくるのか?

商業ビルに入店している店舗の袖看板で考えてみます。
こういう袖看板ですね。大きさを800×5400としましょう。

この大きさの看板に必要な照明は灯数でいうと12灯程度です。
東京都の電気料金で計算すると1年間で電気代だけで1万円程度
LEDのほうが安くなります。

 

長期間で考えると
蛍光灯はLEDに比べて耐久性が低く
蛍光灯交換によるコストも発生します。

蛍光灯の場合は3~5年程度で交換が必要になるでしょう。

それも考えると長期的(10年以上)では
LED化することで約40万円のコストダウンになります。

それならば、わざわざ看板を照明で照らすということをやめて
LEDビジョンにしてしまうというのはどうでしょう?


もちろん、照明をLEDに変えるより導入コストは
かかりますがLEDランプで照射するよりも
さらに視認性・誘目性がアップすることは間違いありません。


さらにコンテンツも変え放題。
店舗ビジネスをされている方を
クライアントにお持ちの皆様、
こんな考え、いかがでしょうか?

 

考えてもいいというクライアント様が
いらっしゃればぜひヤマトサイネージにお問い合わせください。