ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

ヤマトサイネージメルマガバックナンバー

動画広告の反応を高める要因とは?

こんにちは。

ヤマトサイネージ広報部です。

今回は動画広告に関する
興味深い実験について
ご紹介したいと思います。

動画広告の効果を高める要因についてです。

まず、国内動画広告の市場規模ですが
2018年 1,843億円
2019年 2,312億円
2020年 2,900億円



2024年予測 約5,000億円

上記のようになっています。

これからどんどん規模拡大が
見込める市場ということです。

広告ですから、誰もが考えるのが
費用対効果を高めたいということ。

その一つの要素として
視聴環境があるのではないか
という実験結果が
ニュースになっていました。

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000014.000030328&g=prt

簡単にまとめると

同じ動画広告を見ても
自宅と美容室では

視聴者の反応が違うということです。

自宅より美容室のほうが

・ストレスが減り
・集中度があがり
・好き度があがり

という結果が出たそうです。

画像1

つまり、自宅より美容室で
動画広告を見るほうが
反応が良いということです。

自宅より外で見るほうが
広告の場合は受け入れやすい
ということなのでしょうか。

外にいるほうが開放感が
アップするのかもしれません。

動画広告を配信する媒体は
テレビ、PC、スマホ、など
いろいろありますが

デジタルサイネージでの
動画広告配信をされる企業様も
増えてきています。

今回ご紹介した美容室だけでなく
タクシー、マンション、スーパー
飲食店、パチンコ店、カラオケ店

などなど、人が集まるところであれば
広告出稿のニーズはあるわけで。

通常のアナログ看板と比べて
同じスペースで多くの広告を
掲載できるのが

デジタルサイネージの強みです。

店舗に限らず、立地の良い不動産を
お持ちの方がデジタル野立て看板
導入された事例もあります。

動画広告配信にデジタルサイネージ
導入しようかと思い立ったときは

ヤマトサイネージを思い出し下さい。

ヤマトサイネージ公式サイトい